庭の日誌

祖父がのこした庭を手入れしています。

残置物だらけの裏庭を手入れ

午後から時間が空いたので、義実家の裏庭を手入れしてきました。

f:id:kare-eda:20210225204511j:image
竹やハツユキカズラ、その他の緑に覆われた庭に、植木鉢などの人工物が埋もれています。それらを除去しながらプレーンな庭を目指します。

f:id:kare-eda:20210225204613j:image

f:id:kare-eda:20210225204541j:image

こういった茂みの中に限りなくモノが埋もれているので、緑のしがらみを外して一つずつより分けていきます。発泡スチロールはボロボロ崩れるので小さいカケラも極力手で拾いました。

f:id:kare-eda:20210225204641j:image
出土(緑から出たので出緑と言いたい)した残置物。このほかに単管パイプや塩ビ管、化繊のシートなどまだまだ埋もれていますが、今日のところはここまで。少しずつ、混じりっ気のない庭を目指します。


f:id:kare-eda:20210225204730j:image
最後に通路だけ草刈機で撫でて周り、今日の作業は終わりにしました。2月も終わりに近づいて、段々と日が延びてきました。

 

作業後は庭を散策。

f:id:kare-eda:20210225204840j:image
しばらく前に倒した桜の切り株が植木鉢のようになってきました。

 

裏庭の河津桜が咲き始めました。

f:id:kare-eda:20210225204912j:image